ゴルフ狼

ゴルフ関連情報を発信するブログ

『KING GOLF』8巻のあらすじ

第69話/予告

ドラコン関東予選当日。参加受付を済ませた蒼甫は、飛弾の面々と出くわす。そして、永作ら3人は去年の全国大会でベスト8のため予選免除となっていることを知る。予選が始まりD組、E組は飛弾のメンバーが通過。F組は飛弾期待の新人和光明が352Yを飛ばしトップ。いよいよ蒼甫のG組。蒼甫は予告ホームランばりのかっ飛ばし宣言をする。

 

第70話/予選

飛弾のメンバーに対抗意識を燃やし力む蒼甫はOBを連発し、最後の打球も275Yと平凡な記録で終えてしまう。トイレで悔やむ蒼甫。だが、蒼甫以外のG組参加者が立て続けにOBで記録なしとなり、最後の参加者も274.5Yの記録で終わる。よって蒼甫が運良く予選突破となる。

 

第71話/力み

決勝戦スタート。各ファイナリストが300Yを超えるショットを放つ中、和光は暫定1位の363Yを叩き出し全国大会出場を決める。残るは蒼甫ただ一人。蒼甫はヨガポーズをとり集中力を高める。

 

第72話/スピード

蒼甫の放った快心のショットは374Y。一球で関東予選優勝を決める。飛弾の永作は蒼甫の才能に驚愕する。

 

第73話/皇帝

表彰式前のデモンストレーションにサプライズでドラコン3連覇中の瓜生明希葉が登場し会場は大盛り上がり。瓜生の放つ打球に会場は釘付けとなる。

 

第74話/余力

瓜生の放った打球は390Y。会場は瓜生のスーパーショットに沸くが、蒼甫は瓜生に勝てそうな気がすると豪語する。谷川は蒼甫に秘策はあると伝える。

 

第75話/音

全国大会まで残り3週間。蒼甫は旧校舎で松丸と小室を相手にひたすらタックルの練習をする。全国大会前夜。霞見が練習場で打ち込んでいると蒼甫が現れる。蒼甫のショットを見ていた霞見はある音に驚く。

 

第76話/悪役

大会当日。観衆の前で突撃インタビューを受ける瓜生。蒼甫はインタビュアーからマイクを取り上げ、ドラコン王になるのは自分だと宣言する。そして予選の抽選が始まり、蒼甫は永作と同じA組となる。

 

第77話/好記録

永作の初球はいきなり380Y。蒼甫も負けじと370Y。永作2球目はOB、蒼甫は377Y。永作は蒼甫がショットを放つ際の"ズン"という音が気になり始める。永作3球目は350Y。蒼甫3球目は左足の凄まじい踏み込みにより382Yの好記録。

 

第78話/踏み込み

蒼甫4球目は381Y。永作は蒼甫の器の大きさと短期間での練習量に驚きを隠せない。永作6球目は384Y。蒼甫は387Yを記録し予選突破を決める。