ゴルフ狼

ゴルフ関連情報を発信するブログ

【2018年】山梨のゴルフ場 総合評価ランキング TOP10

山梨のゴルフ場の中で、ゴルファーたちからの評価が最も高いゴルフ場はどこか?当ブログでは、大手ゴルフ場予約サイトであるGDO、じゃらんゴルフの総合評価を集計し、独自にポイントを算出した。ゴルフ場選びに失敗したくない!そんな方はぜひこのランキングを参考にしていただきたい。

 

 1  鳴沢ゴルフ倶楽部(4.69)

富士山麓の緩やかな地形に広がるブライアン・ジョーンズ監修のコース。標高1100mに位置し爽快にプレーを楽しむことができる。各コースは赤松と白樺に隔てられているがフェアウェイは広い。ただし、要所に配置された池には注意したい。グリーンはベントの1グリーン。富士山に向かって打つ池越えの8番ホールは名物となっている。天気が良ければ逆さ富士も拝めるかもしれない。 

 

 2  富士ゴルフコース(4.60)

昭和10年に山梨県初のゴルフ場としてオープンした歴史と伝統のある高原のゴルフ場。コースは工学博士の明石和衛氏が監修した自然の地形を巧みに利用した設計。アカマツにより隔てられたコースは全体的にフラットでフェアウェイも広い。また、コース間のインターバルが短く歩きゴルフを楽しめる。グリーンは富士山から順目の高速グリーンでプレーヤーたちを翻弄する。お風呂は天然温泉でゴルフや旅の疲れを癒してくれる。 

 

 3  富士レイクサイドカントリー倶楽部(4.55)

かつてはプロトーナメントも開催されていた歴史と伝統のある格調高いゴルフ場。人が行動するのに最適な高さと言われる富士北麓標高1000mに位置し、眼下には河口湖が広がる。コースは赤松によりカッチリとセパレートされた林間コースのため、飛距離のみならず打球のコントロールも重要となる。1番Hは富士山を背に河口湖へ向かって打ち下ろす豪快なホールで、ここでの出来が一日の命運を左右する。コースナビゲーション付きの5人乗り電磁誘導カートにより、快適なプレーが楽しめる。

 

 4  北の杜カントリー倶楽部(4.52)

周囲を日本を代表する山々に囲まれた360度展望の大パノラマなゴルフ場。八ヶ岳山麓の標高750mに位置しながら、高低差は50mと比較的フラットなコース。2006年のリニューアルによりフェアウェイやグリーンの芝が張り替えられた。大小7個の池や平均1000㎡のグリーンがスコアメイクのカギとなる。人気の高いゴルフウェア「PEARLY GATES」の正規販売代理店にもなっている。

 

 5  河口湖カントリークラブ(4.50)

河口湖にほど近く広大な国立公園内に位置する27ホールズのゴルフ場。赤松や唐松などで各ホールが完全にセパレートされた林間コース。欧米の雰囲気漂う洗練されたコースレイアウトに合わせ、クラブハウスも洋風建築となっており異国の雰囲気を感じることができる。練習場には正面にそびえる富士山に向かって打つドライビングレンジがありプレーヤーの気持ちを高ぶらせる。

 

 5  レイクウッドゴルフクラブサンパーク明野コース(4.50)

茅ヶ岳南麓の緩やかな地形を生かして設計された標高750m前後の丘陵コース。アップダウンはインターバルにより吸収されており全体的にフラットかつフェアウェイが広い。要所に配置された7つの池がゴルファーを悩ませるが、湖面に映る周囲の山々や青い空は美しい。グリーンはベント芝のワングリーンで多少の傾斜がある。

 

 5  大月カントリークラブ(4.50)

ハイキングコースとして人気の扇山の南斜面にレイアウトされた名門コース。どのホールからも雄大な富士山を眺望することができ、ゴルファーたちを贅沢な気分にさせてくれる。各ホールともフェアウェイは広くフラットに設計されており、ゆったりとした気持ちでプレーすることができる。反面。大きな木の林や森がないため、ピンまでの距離感を測りづらいという難しさもある。 コースメンテナンス、レストランにもにも定評がある。

 

 8  小淵沢カントリークラブ(4.48)

各コースから八ヶ岳・南アルプス・富士山など日本を代表する山々を眺望できる標高1150mのゴルフ場。高地でありながら高低差の少ない白樺・カラマツでセパレートされた林間コース。フェアウェイは広く、ほとんどのホールのティーグラウンドからグリーン上のピンフラッグが確認できる。フェアウエイ走行可能なカートはGPSカーナビゲーションシステム搭載で快適にプレイが可能だ。 

 

 9  甲斐ヒルズカントリー倶楽部(4.39)

富士山や南アルプスなど日本有数の山々を見渡せる絶好のロケーションにあるゴルフ場。甲府市近郊のゴルフ場の中でコースコンディションの良さに定評がある。フラットかつワイドなフェアウェイはストレスを感じさせない。2グリーンにも関わらずいずれも質の高いベントグリーンなのも嬉しい。

 

 10  富士クラシック(4.34)

富士山麓の標高1200mの位置に広がる高原リゾートコース。革新的偉才デズモンド・ミュアヘッドが葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」を題材として牧草地に設計したコースは、フェアウェイがうねるなど大自然の地形を大胆に生かしたリンクス風となっている。随所に配されたバンカーや池、グリーンの傾斜、そして高原特有の風がコースの戦略性を高めている。すべてのホールから雄大な富士山を臨め、リゾート気分でラウンドを楽しむことができそうだ。

 

ウルフ的意見

プロツアー開催実績のある鳴沢ゴルフ倶楽部、富士レイクサイドカントリー倶楽部、河口湖カントリークラブが、アマチュアゴルファーからも評価が高いようだ。富士ゴルフコース、河口湖カントリークラブを含め、富士五湖エリアは山梨のゴルフ場のメッカと言えよう。目前にそびえる雄大な富士山の存在が、高評価の一因となっているのかもしれない。